サイトマップ
  • 記事検索

RSS

【西洋占星術講座】宇宙の神秘に惹かれて♪/小惑星キロンの深いメッセージ

ご訪問ありがとうございます♪
癒しと学びのサロン「Meets Heart」月乃 エリイです。

画像

西洋占星術・宿曜占星術ともに、独学時代を含めたら関わって10年弱。この期間は「占星術の占術としての魅力」や「占星術の心理的影響」という側面に強く惹かれてどっぷりハマっていました。もちろん今でもハマり続けていますし、だからこそお仕事として関わることもできているのですよね。(自分の中では「一生関わりたい!」と思えるほど魅了されています^^)

そしてここ数年は占星術の講座などで占星術の世界観をお伝えしているのですが、ある時ふと「星の世界をもっと多角的にお伝えできないかな・・」という気持ちが芽生えてきました。具体的に言うと「宇宙全体として」とか「天文学的な視点」ということになるのですが、もっと広い視野で(天文学的な視点で)惑星や星座を見つめ直したいなと思い↑の図鑑やDVDを購入してみたのです。

いや~これが大正解!
私自身やはり子供の頃から「宇宙の壮大さ」とか「太陽系の惑星」が好きではあったので、この図鑑やDVDはそれをハッキリと思い出させてくれました。そういえば昔理科の授業で「水(すい)・金(きん)・地(ち)・火(か)・木(もく)・土(ど)・天(てん)・海(かい)・冥(めい)」←懐かしい・・
っていう言葉を聞いたり、天文図を見ただけで胸が高鳴ったな~というのを覚えています♪まさか大人になって占星術を仕事にするとはその頃には思いも寄らなかったけど(笑)

画像

今回改めて図鑑やDVDを観てみて、太陽系の惑星のバランスの素晴らしさに感動を覚えました絵文字

地球もよく「奇跡の星」と言われますが、太陽系自体がなんて繊細なバランスの上に成り立っているんだ!まさに奇跡的に成り立っているんだ!ということに気づかされました。しかもこの奇跡のバランスは決して永遠ではない・・・約50億年後には太陽も燃え尽きてしまい、いずれこの太陽系はなくなってしまう・・ということも、色々深く考えさせられましたね。


何事も永遠ということはないんだなと。あまりにもスケールの大きな話なので想像しきれないですが。
もし太陽が燃え尽きてしまった時に人類がまだ生存していたら、科学も現在では信じられないくらい発展してるでしょうし、どこか他の惑星系に移住とかしたりするのかな・・あくまで想像ですが。


占星学と天文学は似て非なる学問ですが(もちろん関連はあります)、天文学のすごさや人類の宇宙との歴史も偉大だな~と強く感じました。
その人類が宇宙研究の拠点としている国際宇宙ステーションからのライブ映像というのがネットで見られるのですが、これがまたとてもワクワクする映像で、私は時々見て元気を癒しをもらっています^^

皆様も良ければどうぞ♪
宇宙ステーションからのライブ映像


さて、次は西洋占星術・実践講座(2)で取り上げ、私も近年リーディングの時に特に注目している小惑星キロンのお話を少し。
意味深い星なのに、まだ知名度は高い!とは言えないので一度ちゃんとご紹介させて頂きたかったんです(^^ゞ

このキロンは小惑星と分類されていますが、小惑星(アステロイド)にしては大きく、惑星(プラネット)にしては小さいので、「プラネトロイド」と呼んでいる天文学者もいるそうです。

土星と天王星の間に位置し、1977年11月1日カリフォルニアの天文台で発見されました。私は1977年11月生まれなので、キロンの発見と自分の誕生日が近いこともあって、このキロンにはとても親しみをもっているんです^^

惑星の発見は観測技術の向上なども関係していますが、占星術の世界では惑星の発見と時代背景はシンクロしていると考えられています。例えば自由と革命の天王星の発見はフランス革命や産業革命と、夢や幻想を象徴する海王星はロマン主義やマルクス主義の時代と、破壊と再生の星の冥王星はファシズムの台頭やプルトニウムの発見とシンクロしています。


これは私たち人間の集合的無意識がその新惑星のテーマや象徴するものを理解できるようになった時に私たちの前に姿を現す(発見される)ということなのです。キロンが発見された70年代後半も、占星学の世界ではリズ・グリーンなどの偉大な占星家たちが占星術への心理学的アプローチを試み始めたり、社会では物質的に満たされるだけでは真の充足感を得られず「心の世界」に関心を持ち始めたタイミングでした。

そのようなタイミングで発見された「キロン」が心の深いメッセージを私たちに伝えてくれる星であることはある意味必然だったのでしょう。


キロンのテーマも「魂の傷(トラウマ)」を表したり、私たちが個人レベル・社会レベルで到達できる最後の領域(人間の領域)である土星までと神の領域である土星外惑星(トランスサタニアン)ー天王星・海王星・冥王星を繋ぐ、すなわち私たちと神を繋ぐ役割を担っている星なのです。とても深いテーマを持っている星なのですね。

キロンという名前はケンタウロス族のケイロンの神話が由来です。その神話も非常に興味深いものなのです↓

ケイロンは半人半馬のケンタウロス族の一人。他のケンタウロス族がイクシオンの子供たちであるのに対し、ケイロンはクロノスとピュリラの息子でした。クロノスがピュリラへの思いを妻のレアには知られたくないと考え、馬に姿を変えてピュリラと交わったために、半人半馬の姿で生まれたといわれています。ピュリラは我が子の怪物じみた姿にすっかり衝撃を受け、ケイロンを捨てます。
母親から見捨てられたケイロンでしたが、幸いアポロンを始めとする神々たちに育てられ、他の乱暴で野蛮なケンタウロスたちとは違い、聡明で心優しい人物に成長します。彼はあらゆる芸術、とりわけ音楽と弓術に優れ、中でも医学の知識と治療にかけては彼の右に出る人物はいなかったといわれています。ケイロンはまた、多くの神々や英雄たちの教師としてもその名を知られています。
ケイロンはクロノス神の子であったので、不死身でしたが、ヘラクレスの毒矢で攻撃された一人のケンタウロスの傷を治療する際、誤ってその毒矢で傷を負ってしまいます。怪物ヒュドラの毒が全身に回り、ケイロンは悶え苦しみます。死ぬことのできない運命は、彼の苦痛が永遠に続くことを暗示していたのです。
そこでケイロンは激しい苦痛に耐えかねて、不死であることを自らの意思で放棄して、死を選ぶのです。一説では彼はタイタン族のプロメテウスに不死を引き受けてもらったともいわれています。その後、ゼウスがケイロンをケンタウロス座として空に置いたといわれています。



ケイロンは医学(薬草)の知識を持っていた・・というあたりもハーブをやっている私としては惹かれます☆
また教育者でありヒーラー(癒し手)であったところも。


このキロンがホロスコープの何ハウスに入っているかや、他の惑星とどんなアスペクトを組んでいるのか・・でその方が今世どんなテーマを癒さなくてはいけないのか、というのが見えてきます。
キロンのメッセージを知ることは魂のヒーリングにもとても有効だと私は思っています。

講座でもこのキロンのお話をたっぷりさせて頂きますし、今後のセッションでもより注目して深くリーディングしていきたい星なのです絵文字


絵文字サロン・スクールからのお知らせ絵文字
占星術・YLアロマ・ハーブ・エンジェルタロットのことなどを色々書いていました♪
良ければご覧ください♡

絵文字以前のブログ



【リーディング】
「占う」だけで終わらない、あなた本来の光と力を導き出す「勇気と希望」のメッセージをお伝えします♪
絵文字リーディングセッション(鑑定)メニュー

「あなたのために」今後1年間の流れをを詳しくリーディング♪
絵文字あなただけの1年メールリーディング



【西洋占星術講座〜あなたも星読みができるように♪〜】
心理学の内容を取り入れた西洋占星術の奥深い世界の入り口♪/1名様〜少人数レッスンで丁寧にお伝え致します/スカイプ・Zoomでも受講OK
絵文字西洋占星術・基礎講座

西洋占星術の知識を更に深め、専門性の高いお仕事に繋げる♪/1名様〜少人数レッスンで丁寧にお伝え致します/スカイプ・Zoomでも受講OK
絵文字西洋占星術・実践講座(1)〜(3)


関連記事
【西洋占星術講座】西洋占星術講座の受講料・テキスト代改定についてのお知らせ (07月03日)
【西洋占星術講座】実践講座(1)の第1回を開催致します☆ (05月14日)
【西洋占星術講座】水星逆行のこと/星の世界を伝える喜び☆出生図リーディングの総仕上げ (12月23日)
【西洋占星術講座】星の気づきの偉大さに改めて感銘を覚えます〜トランジット図〜 (12月15日)
【西洋占星術講座】実践講座(1)第1回の開講日程のお知らせ☆ (10月07日)

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):